高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

女子サッカー選手が特に注意したい膝のケガとは?

高浜市の接骨院 院長、日体協公認ATのサッカートレーナー、石川です。

 

先日ポルトガルで行なわれた「アルガルベ杯2014」でなでしこジャパンが準優勝を果たしました

選手のみなさん、おめでとうございますそして激闘お疲れ様でした。優勝を逃したとは言え、日本の女子サッカーの強さは本当に誇りに思います

 

by mole555

 

ところで、そのなでしこのエース川澄奈穂美選手(米国・シアトル・レインFC所属)や、大儀見優季選手(英国・チェルシーLFC所属)を含め、なでしこジャパンに所属する選手の約3分の1が過去に経験したケガがあります。

 

それが、膝の前十字靭帯損傷(ACL)です

この前十字靭帯損傷はサッカーでは起こりやすいケガの一つですが、一度靭帯が損傷すると、たとえ復帰できたとしても膝の不安定感が残りやすく、その後のプレーに大きな影響を与えかねないため、注意が必要なケガでもあります。

 

前十字靭帯損傷の原因

ケガをする直接的な原因は大きく分けて2つです。1つは接触プレー、もう一つはジャンプの着地時に膝をひねったり、急なターンなどによって損傷する自損です。

 

ですが、実はこうした直接的な要因に加えて、女子サッカー選手の場合、身体の構造的にも膝のケガをしやすい、と言われています。

つまり、女性の方が出産の関係で骨盤が広いため、X脚の人が多く、プレーの際に膝が内側に入ってしまいやすいため、膝の靭帯がねじれて傷つきやすいのです。

 

前十字靭帯損傷の症状と応急処置・リハビリ

 

ケガをした直後は強い痛みのために、通常はプレーができなくなります。さらに徐々に内出血による腫れがひどくなり痛みも悪化するため、できるだけ早くケガの部位を安静にし、アイシングにより炎症を抑えることが大切です。

その後は、速やかに病院を受診し、正しい診断を受けるようにしましょう

また、リハビリにより膝の関節の可動範囲を徐々に取り戻すことと、筋力が低下してしまうことを防ぐために適切な筋力トレーニングを行なっていくことが、スポーツ復帰のためには大切となります。

 

高浜市や碧南市、知立市などの三河地域で、サッカーのケガからの復帰を目指している方は高浜市の接骨院、ひえだ接骨院までご相談下さい。

カレンダー
2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
  • 2019 (16)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談