高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

リトルなでしこと中田英寿の共通点とは?

高浜市の接骨院 院長、日体協公認ATのサッカートレーナー、石川です。

 

「リトルなでしこ」の大部コーチが語った言葉がとても印象的でした。

「パスコースを消すポジショニングやインターセプトなど、緻密さが求められるプレーを日本人は得意としていると思うんです。

そこで私たちは、自分のマークする選手だけでなくスペースも見る、というように『2つのことに同時に気を配る』ことを指導しました。

そしてそれができるようになったら、背後のスペースや味方がマークしている選手も半分見るとか、できることを3つ、4つと増やしていくのです」

 

つまり、常に先読みできるよう、視野を広くしたり、次の展開をイメージしたりするトレーニングを受けていたのです。

たしかにこうしたトレーニングが功を奏し、たとえ1vs1の球際や局面の戦いで負けたとしても、仲間のサポートやチームワークにより、全体としては優勢に試合を運べる状態となっていました。

 

視野の広さと戦術眼を武器に世界と戦う

by koalazymonkey

 

日本のサッカー選手の中で、これらを武器に世界で活躍した選手と言えば、中田英寿選手が有名です。彼は良く「グラウンドを上から俯瞰したような視点でプレーしている」と評されていました。

実際には、人間が物事をしっかり認識できる有効視野は前方70度程度と言われているため、普通にプレーしていてはもちろん不可能な訳です。

ですが、次の展開に備えて半身の姿勢で視野を確保したり、過去の体験や知識、チームでの約束事をもとに次のプレーをイメージすることで、一つ一つのプレーがよりダイナミックに、スピーディーになってくるのです。

 

こうした戦術眼は、もちろん一夜には備わりません。ただ首を振ったり、顔を上げるだけではできません。どんなタイミングで、何に注目し、どう判断・イメージするのか、その具体的な方法を日頃からトレーニングすることが非常に大切です。

 

 

カレンダー
2014年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
月別アーカイブ
  • 2019 (16)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談