高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

ネイマールが教えてくれた、なぜ日本代表は実力を発揮できなかったのか?

日体協公認のサッカートレーナー、高浜市の接骨院、院長の石川です。

 

敗戦後、日本代表の選手たちが口々に言った言葉が印象的でした。

「自分たちのサッカーが出来なかった」

この言葉の裏に、今回の日本代表が抱えていた問題が浮き彫りになっているような気がします。

 

日本代表の選手の中には、ヨーロッパのチームで活躍する選手が13人も所属しています!!しかも、長友選手はインテルでキャプテンマークを巻くこともあり、本田選手はミランの10番を背負い、香川選手はマンUに鳴り物入りで入団しました。

 

つまり、世界から認められる程、日本のサッカー水準、特に技術面は向上しているのです。

 

にも関わらず、結果を出せなかった本大会。
その原因は大きく2つ考えられます。

 

ネイマールが見せた、日本代表選手との違い

by calciostreaming

 

ブラジルVSチリの決勝トーナメント1回戦はPK戦までもつれ込みました。
そしてそのPK戦も、4人目のキッカーが蹴り終えた時点でチリが追いつき、次に蹴る先行のブラジル選手に試合の行方が大きくかかっていました。

ブラジル ○×○× 
チリ   ××○○

 

母国開催のW杯で、自分が外したら終わりのこの状況。どんなに強い心臓をもった選手であっても緊張を強いられる場面です。

あのイタリアの至宝 R・バッジョ選手が枠外へ外してしまったシーンを思い出した人も多かったと思います。

 

そんなとてつもないプレッシャーの中、キッカーとして歩み出たのは、ブラジルの10番、ネイマール選手でした。

実はネイマール選手は、延長戦後半に足をつってしまうほど疲労がたまっていました。こうした意味でも、会場全体が彼の一挙手一投足に注目しました。

 

通常のランから、小刻みに足を動かしてGKと駆け引きし、GKが先に動くのを見切った上でシュート。GOALLLLLLLLLL!!

 

試合後のインタビューでも

「子供の頃からの夢が実現しているから、プレッシャーなんて感じていない。」
「優勝しか見ていない。」
「PKは今でもいつも練習しているし、練習通りに蹴っただけだよ。」

と22歳のエースは語っていました。

 

ここに、日本サッカーがこれから取り組むべき、大きな課題が見て取れます。

つまり、「心技体」の「心」の強化です!!

 

海外より数十年遅れていると言われている、日本のスポーツ界におけるメンタルトレーニング。

西田文郎氏や高妻容一氏など、メンタルトレーナーによる指導が今こそ必要なのではないでしょうか?

カレンダー
2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ
  • 2019 (16)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談