高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

「足がつりやすい」サッカー選手の3つの共通点と対策とは?

日本体育協会公認スポーツトレーナー、高浜市のひえだ接骨院、院長の石川です。

 

練習や試合中にしょっちゅう足がつる選手がいます。
なぜつってしまうのでしょうか?

Game Set and Match!
by FaceMePLS

 

そもそも「足がつる(こむら返り」と言うのは、ふくらはぎの筋肉が痙攣を起こすことを言います。

 

足がつりやすい選手の3つの共通点

 

① 筋肉の柔軟性に欠ける


身体が硬く、運動前のストレッチやウォームアップも不十分。すると、硬く収縮した筋肉により血管が圧迫され、血流が悪くなり、筋肉の痙攣を起こしやすくなります。


 

② 水分補給が不十分

人間の身体の60~70%は水分だと言われています。そのため、水分や電解質が不足すると、筋肉だけでなく全身に不調が出始めます。

積極的にミネラル分(電解質/イオン)を含んだスポーツドリンクなどを飲むことが非常に大切です。

 

③ 食生活が乱れている

運動すると筋肉には乳酸菌などの疲労物質が溜まります。不摂生だと、これらの疲労物質が排出されにくいため、運動する前から「筋肉がパンパン」ということもあります。

ですから、日頃から筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンを貯めつつ疲労回復を促すような食生活を行うことが大切です。

 

足がつってしまった時の対処法

 

①楽な姿勢で、硬直したふくらはぎの筋肉を“ゆっくり”と伸ばす


②軽いマッサージで筋肉をほぐし、温める
 
※直後にアイシングやコールドスプレーは逆効果です


③シューズの靴紐や脚に巻いたテーピングがきつい場合はゆるめる

④スポーツドリンクなどの水分を摂取する

 

※尚、もし足がつったような痛みが数日続くようであれば、痙攣ではなく肉離れの可能性が高いため、早めに専門の医療機関を受診するようにして下さい。

カレンダー
2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ
  • 2019 (16)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談