高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

月別アーカイブ:2014年09月

私がこの道を選んだ理由。

院内改装のため2週間ほど休診とさせていただきました。
患者様には大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします。

今回のブログは私がなぜこの道を選んだのかを書きたいと思います。
私の持っている国家資格「柔道整復師」を取得しようとした理由は、

「大きな夢に向かって、スポーツに本気で取り組む子供たち。そんなアスリートたちを全力で応援したい。」

です。

これが、私がこの道を選んだ理由です。ですが正直言って、これまでは接骨院での一般診療の兼ね合いもあり、自分自身葛藤する部分も多々あったのも事実です。

もちろんこれまでも、怪我に対してはしっかり治療を行ってきました。ですから、普通の病院や接骨院であれば、今の形態でも十分だと思います。
けれど、「本気で上を目指す子供たちを”全力で”サポートする」という意味ではまだまだ不十分でした。
日本のスポーツ界は、トップレベルは世界有数ですが、いわゆる育成年代のスポーツ環境に関しては、まだまだ遅れをとっていることは否めません。

日本代表に選ばれるような将来有望の選手やプロスポーツ選手でさえ、行く先々の病院で違う事を言われ、
しかも私からすると時には明らかに正しくない診断をされ、結局痛みがひかないで悩んでいたりしているのです。

怪我のせいで本来の力を発揮できなかったり、
怪我のせいで大切な試合に出れなかったり、
怪我のせいで選手生命が脅かされたり・・・。
ですから、せめて自分が携わったアスリートや子供たちに関しては、こうした事態を避けてあげたい、そう強く思うように至ったのです。

そこで・・・
この度、院内や診療形態を刷新し、より本格的な「スポーツ専門外来」を設けることにしました。
それが今回の改装工事の目的です。

スポーツ専門外来の主な特徴としては、
1. 日本体育協会公認アスレチックトレーナーとしての豊富な知識や経験をもとに、的確な鑑別と最良の治療を行います。

(病院を転々としたり、痛みを引きずったりする事無く、回り道せずに回復できるよう努めます。また、医師による診断が必要な場合は、信頼できるドクターをご紹介します。)

2. 最短でスポーツ復帰を果たすために必要な患部外のトレーニングを、専用ルームで指導します。
(例えばJリーガーが肉離れで2週間戦線離脱したとしても、ただ安静にしている訳ではありません。筋力や心肺機能が落ちてしまうのを防ぐために、トレーナーの指示のもと、できる箇所のトレーニングを続け、徐々に身体を慣らしていくのです。)


3. 再発を防止し、自分の持っている能力をもっと引き出せるよう、体幹筋の強化やバランスの強化、動作フォームの修正指導などを行います。
(身体のどこかに余計な負担をかけていないか、フォームが悪いせいで本来のパワーを出し切れていない箇所はないか?などなど、細かいところまでトータルで見ながら、専用ルームでトレーニングをしていきます。)

これで思う存分スポーツ選手たちのサポートができます!!!
ですが、まだまだ開設までお時間をいただきたいです。

順調にいけば10月下旬ごろから始められそうです。
準備の進行状態は随時ブログやフェイスブックにて紹介していきたいと思います。

診療再開

2週間お休みをいただき申し訳ございませんでした。
本日より診療再開いたします。
これからもひえだ接骨院を宜しく御願い致します。

スポーツに本気で取り組む子供たちを、全力で応援したいから・・・

高浜市のひえだ接骨院、日体協公認アスレチックトレーナー、院長の石川です。

 

大きな夢に向かって、
スポーツに本気で取り組む子供たち。
そんな子供たちを全力で応援したい。

これが、私がこの道を選んだ理由です。ですが正直言って、これまでは接骨院での一般診療の兼ね合いもあり、自分自身葛藤する部分も多々あったのも事実です。

 

もちろんこれまでも、怪我に対してはしっかり治療を行ってきました。ですから、普通の病院や接骨院であれば、今の形態でも十分だと思います。

けれど、「本気で上を目指す子供たちを“全力で”サポートする」という意味ではまだまだ不十分でした。

 

日本のスポーツ界は、トップレベルは世界有数ですが、いわゆる育成年代のスポーツ環境に関しては、まだまだ遅れをとっていることは否めません。

U-17の日本代表に選ばれるような将来有望の選手でさえ、行く先々の病院で違う事を言われ、しかも私からすると明らかに正しくない診断をされ、結局痛みがひかないで悩んでいたりしているのです。

 

怪我のせいで本来の力を発揮できなかったり、怪我のせいで大切な試合に出れなかったり、怪我のせいで選手生命が脅かされたり・・・。

 

ですから、せめて自分が携わった子供たちに関しては、こうした事態を避けてあげたい、そう強く思うように至ったのです。

 

そこで・・・

 

この度、院内や診療形態を刷新し、より本格的な「スポーツ専門外来」を設けることにしました。

 

スポーツ専門外来の主な特徴としては、

 

1. 日本体育協会公認アスレチックトレーナーとしての豊富な知識や経験をもとに、的確な鑑別と最良の治療を行います。


(病院を転々としたり、痛みを引きずったりする事無く、回り道せずに回復できるよう努めます。また、医師による診断が必要な場合は、信頼できるドクターをご紹介します。)

 


2. 最短でスポーツ復帰を果たすために必要な患部外のトレーニングを、専用ルームで指導します。


(例えばJリーガーが肉離れで2週間戦線離脱したとしても、ただ安静にしている訳ではありません。筋力や心肺機能が落ちてしまうのを防ぐために、トレーナーの指示のもと、できる箇所のトレーニングを続け、徐々に身体を慣らしていくのです。)


 

3. 再発を防止し、自分の持っている能力をもっと引き出せるよう、体幹筋の強化やバランスの強化、動作フォームの修正指導などを行います。

(身体のどこかに余計な負担をかけていないか、フォームが悪いせいで本来のパワーを出し切れていない箇所はないか?などなど、細かいところまでトータルで見ながら、専用ルームでトレーニングをしていきます。)

 

これで思う存分スポーツ選手たちのサポートができます!!!

 

尚、新しい「スポーツ専門外来」の開設に向け、9月14日~28日まで、改装工事のためにお休みとさせて頂きます。その間、患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。

「足がつりやすい」サッカー選手の3つの共通点と対策とは?

日本体育協会公認スポーツトレーナー、高浜市のひえだ接骨院、院長の石川です。

 

練習や試合中にしょっちゅう足がつる選手がいます。
なぜつってしまうのでしょうか?

Game Set and Match!
by FaceMePLS

 

そもそも「足がつる(こむら返り」と言うのは、ふくらはぎの筋肉が痙攣を起こすことを言います。

 

足がつりやすい選手の3つの共通点

 

① 筋肉の柔軟性に欠ける


身体が硬く、運動前のストレッチやウォームアップも不十分。すると、硬く収縮した筋肉により血管が圧迫され、血流が悪くなり、筋肉の痙攣を起こしやすくなります。


 

② 水分補給が不十分

人間の身体の60~70%は水分だと言われています。そのため、水分や電解質が不足すると、筋肉だけでなく全身に不調が出始めます。

積極的にミネラル分(電解質/イオン)を含んだスポーツドリンクなどを飲むことが非常に大切です。

 

③ 食生活が乱れている

運動すると筋肉には乳酸菌などの疲労物質が溜まります。不摂生だと、これらの疲労物質が排出されにくいため、運動する前から「筋肉がパンパン」ということもあります。

ですから、日頃から筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンを貯めつつ疲労回復を促すような食生活を行うことが大切です。

 

足がつってしまった時の対処法

 

①楽な姿勢で、硬直したふくらはぎの筋肉を“ゆっくり”と伸ばす


②軽いマッサージで筋肉をほぐし、温める
 
※直後にアイシングやコールドスプレーは逆効果です


③シューズの靴紐や脚に巻いたテーピングがきつい場合はゆるめる

④スポーツドリンクなどの水分を摂取する

 

※尚、もし足がつったような痛みが数日続くようであれば、痙攣ではなく肉離れの可能性が高いため、早めに専門の医療機関を受診するようにして下さい。

改修工事1週間後

改修工事も1週間が過ぎ、新しいひえだ接骨院の雰囲気が出てきました。
大きな違い①
入口を移設しました。
しかし今まで同様に北口、南口あります。

大きな違い②
東側にあった待合室が中央に来ました。

そのため、当院自慢?の広い待合室が狭くなりました。
といっても座って待っていただくスペースはあります。

大きな違い③
これは今回の改修工事の目玉となるものです。
今まで待合室の合ったスペースに、スポーツ外来専用の施術室を作りました。
職人さんたちに「2週間では無理」と言われ、
29日には使用できませんが、色々なトレーニングに対応できるようにしたいと考えています。
接骨院のスペースは29日より使用できます。
詳しいことは、またお知らせしたいと思います。

話をまとめると。
新しいひえだ接骨院は、「一般外来用の施術室」と「スポーツ外来専用の施術室」を完備します。
今まで以上にアスリートのサポートができればと考えています。
そして29日からひえだ接骨院は診療を再開します。

カレンダー
2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ
  • 2019 (17)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談