高浜の接骨院でスポーツ障害や交通事故治療が得意な治療院と好評

スポーツトレーナーがあなたを治療から怪我の予防、トレーニングまでサポート

患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 受付時間 午前8:30〜12:00 午後4:00〜8:00 愛知県高浜市稗田町6-6-9 患者様専用ダイヤル 電話番号 0566-52-0130 MENU
電話相談予約はこちら

文字サイズ: 小 中 大

スポーツトレーナー×柔道整復師の経験とノウハウであなたのスポーツ活動を全力サポート

長友選手が本田選手に教えた、股関節と骨盤の秘密

日体協公認アスレチックトレーナー、高浜のひえだ接骨院 院長の石川です。

 

Japan Athletics Championships
by tpower1978

 

400mハードルの日本記録保持者、為末大さん。

そんな為末さんの書籍『日本人の足を速くする』に面白い内容が書かれていました。

・欧米人やアフリカ人は背筋やもも裏の筋肉(アクセル筋)がつきやすい。対して日本人は腹筋やももの前の筋肉(ブレーキ筋)がつきやすい

・欧米人やアフリカ人は、骨盤が真っ直ぐ起きている。一方、日本人は、骨盤が少し上の方に向いていて後傾しやすい

 

そう言えば以前、長友選手が本田選手に対して「骨盤を立てる重要性」を説き、本田選手がピッチの外でも骨盤を意識して歩く練習をしていた、という話しが載っていました。

 

では、骨盤が立っていないと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

骨盤が後傾すると・・・

 

・踵に体重が乗り、猫背になる

・重心移動がうまくいかず、不安定になる

・ブレーキがかかってしまい、走力が低下する

・骨盤と連動する股関節がロックされてしまうため、キック時の足の振り幅が制限され、キック力が低下する


さらに、股関節が硬くなると、サッカー選手に多いグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)や腰痛、膝痛、足のケガなどをしやすくなります。

 

そのため、骨盤を立て、股関節を柔らかくすることが、ケガの予防とパフォーマンスアップのために大切となります。

以前、中田英寿選手が世界的なスーパースターに慣れた理由の一つとして、
「股関節の柔軟性」がポイントだった、というお話もしましたね。

 

では、どうすれば効率的に効果的に、そして安全に股関節を柔らかくすることができるのでしょうか?

 

股関節をほぐす動的ストレッチマシン

 

 

新しいスポーツ外来の目玉の一つ、それがこの動的ストレッチマシン
「トータルヒップミニ」です。

このマシンなら多方向にストレッチをかけて、軽い負荷で反復運動をすることができます。その結果、股関節周りの筋肉をほぐし、本来の柔軟性を取り戻すことに繋がるのです。

また、左右交互に様々な動きをするこで、筋肉や関節の協調性・連動性を高め、パワーロスを減らすこともできます。

 

日頃から股関節を柔らかくし、ケガの予防とパフォーマンスアップ、そして良いコンディション作りをしていきましょう。

 

カレンダー
2014年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ
  • 2019 (16)
  • 2018 (12)
  • 2017 (15)
  • 2016 (13)
  • 2015 (19)
  • 2014 (86)
  • 2013 (98)
  • 2012 (48)
  • 2011 (26)
  • 2010 (1)
電話で無料相談・相談のご予約はコチラ 私たち受付が承ります! 愛知県高浜市稗田町6-6-9 休院日/土曜午後・日曜・祝日 お電話によるお問合せ 0566-52-0130 お問合せ・無料相談